銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンは借入額や金利が有利

カードローンは発行会社によって消費者金融系、信販系、銀行系に分かれており、それぞれに特徴がありますが、なかでも銀行系カードローンはメリットがたくさんあります。
まず第一に金利が安いこと。消費者金融系などと比べると金利が安いので、返済の負担が少なく安心です。次に、借入限度額が大きいこと。一般的に消費者金融系の約1.5倍程度、限度額が大きく設定されていますが、都市銀行などでは2倍以上の借入が可能なケースもあります。更に、銀行系は総量規制の対象外のため、消費者金融系や信販系と異なり、借金が年収の3分の1を超えた場合でも借入れが可能です。
このため、個人事業主の人で事業資金の補てんを行ないたい人や、もともと収入の無い専業主婦、大口でお金を借りたい人などにメリットが多いと言えます。

申し込み時の注意事項

メリットの多い銀行系カードローンですが、いくつか注意が必要な点もあります。
1つ目は、ローンの利用状況による金利の優遇が受けられない点です。消費者金融系などでは、ローンの利用期間や延滞の有無、収入アップなどにより、金利が引き下げられるケースもありますが、銀行系は世の中の金利動向以外で金利は変動しないので、注意が必要です。
次に、審査に時間がかかる点です。多くの消費者金融系では即日融資が一般的で、なかには「審査時間30分」を謳っている業者もありますが、銀行系は審査に2~3日かかることが多いので、急な出費には対応できない場合があります。
前述の通り、銀行系カードローンはメリットが多いので、注意点をしっかり把握し、上手に借入れを行ないましょう。